不動産一括無料査定のメリット・デメリット。おすすめの査定サイト4選

家やマンションなどを売りに出す際には、自分で不動産会社に1軒1軒コンタクトを取ることも可能です。

しかし、最近は無料で利用できる不動産一括査定サイトを使って誰もが気軽に不動産の査定を行うことができるようになってきました。

早ければ1分程度で情報を打ち込むことができるため、実に簡単に売却予定の家やマンション、土地などの適正価格を知ることが可能となります。

しかし、たくさんある不動産一括査定サイトはなぜ無料で利用できるんだと疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

また、無料なのには裏があり、危険が付きまとうのではないかと疑いを持つ方もいるようです。

この記事では、そんな不動産の売却で一括査定サイトを利用するメリットやデメリット、無料の一括査定サイトのデメリットや危険性などについて紹介させていただきます。

不動産一括無料査定サイトの特徴

不動産一括無料査定サイトの特徴

不動産を売却したいと思ったら、最近は不動産一括査定サイトを利用するという方が増えてきています。

非常に便利なサービスですが、そもそもなぜ無料で利用することができるのでしょうか。

最初に不動産一括無料査定サイトの仕組みなどを見ていきましょう。

不動産一括査定サイトの仕組み

かつては、不動産を売却するとなった際には、売却希望者は不動産会社に直接コンタクトを取って面倒なステップを踏まなければなりませんでした。

しかし、不動産一括査定サイトは不動産会社と売却希望者の間に入って情報を集めるという、売却希望者と不動産会社の双方に大きなメリットのある仕組みを作り上げたのです。

不動産一括査定サイトの仕組み

売却希望者は、自宅で不動産に関する情報を一度入力するだけで、その不動産の売却に最も適した不動産会社を瞬時に見つけることができます。

一方の不動産会社も、そのサイトに登録しておくだけで、多額の広告料を支払うことなく顧客を獲得できる可能性が発生します。

このように、不動産一括査定サイトは双方のメリットが得られるマッチングシステムになりますし、一般的な一括査定サイトの利用で売却希望者はお金を支払う必要がありません

そのため、お互いが効率的にマッチングし、効率的に不動産の売却活動を行うことができるのです。

MEMO

いつでもどこでも気軽に不動産の査定をすることができるので忙しい方にも人気があります。

一括査定サイトが無料の理由

使う側からすると、無料で不動産の査定をしてもらうことができるため、不動産一括査定サイトは非常に便利なサービスです。

しかし、無料で行うことによってサイト側にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

結論から言うと、売却希望者が無料で査定依頼できる理由としては、サイトと提携をしている不動産会社がサイトの運営者に対して紹介料や広告料を支払っているからなのです。

もちろん一括査定サイトにも様々なものがあるため一概にいうことはできませんが、サイトを運営することできちんと利益を出していることには変わりありません。

また、不動産一括査定サイトを利用する方の多くは実際に「不動産を売却したい」と考えているため、不動産会社は無料サイトを通して将来的な顧客を獲得することができます。

例え実際に自社を利用して不動産の売買契約が行われなかったとしても、顧客候補を集めることができるというのは不動産会社にとって大きなメリットとなります。

そのため、無料サイトと言っても家やマンションなどの不動産を売却したいこちら側がお金を支払う必要がなく、決して怪しいサービスではないのです。

一括無料査定サイトの4つのメリット

一括無料査定サイトの4つのメリット

不動産一括査定サイトは無料で利用できるため、気軽に売却活動を始められると感じた方も多いのではないでしょうか。

無料の一括査定サイトにはメリットも多いですが、同時にデメリットも存在します。

続いて、無料の不動産一括査定サイトのメリットとデメリットを見ていきましょう。

無料で利用できる不動産一括査定サイトのメリットとしては

  • 全て無料で利用できる
  • 不動産会社を探す工程が楽
  • 不動産の適正価格を知ることができる

などが挙げられます。

全て無料で利用できる

無料不動産一括査定サイトの最大のメリットは、やはりサービスを全て無料で利用できるという点です。

不動産の売却を考えるのであれば、いずれにしてもどこかの不動産会社に査定を依頼しなければなりませんが、その査定によって不動産会社が金銭を要求することはありません。

また、上述したように不動産の一括査定サイトも不動産会社から広告料などを受け取って利益を上げているため、売却希望者がサイトに対して利用料を支払う必要がないのです。

もちろん100%安心して利用できると断言することはできませんが、無料で様々なサービスを受けられるのは、売却希望者にとっては非常に好条件と言えます。

不動産会社を探す工程が楽

不動産一括査定サイトは無料で利用できるだけではなく、不動産会社を簡単に見つけることができます。

査定に必要な情報を選択、または入力していくだけですので、早ければ1分程度でデータの記入が終わり、その情報が選んだ不動産会社にすべて伝わります。

もちろん特別な条件などを書き加えたい場合は、それぞれの記入フォームのコメント欄に細かく記載する必要があるため若干時間がかかりますが、それでも自宅で一瞬で終わらせることが可能です。

それをするだけで、あとは複数の不動産会社の方からコンタクトがあるため、それぞれの不動産会社を比較して売却契約を結ぶだけです。

特に初めて不動産を売却するという方には、シンプルで非常にわかりやすいシステムなのではないでしょうか。

不動産の適正価格を知ることができる

一括査定サイトでは、複数の不動産会社に同じ条件で同時に査定を行ってもらうことが可能です。

もちろん実際に物件を見てもらう訪問査定の場合は少々時間がかかりますし手間だと感じるかもしれませんが、基本的には選択した全ての不動産会社が同じ状態の不動産の査定額を出してくれます。

不動産会社同士はお互いの査定額を知らないため、当然その額はバラバラになりますが、多くの会社に査定をしてもらえば、それだけ正確な物件の価値を調べることができるでしょう。

例えば5社に査定をお願いし、

  • 2,000万円
  • 2,200万円
  • 2,300万円
  • 2,400万円
  • 2,700万円

というような査定額が提示されたら、その不動産の平均的な相場は2,300万円程度何だということがわかります。

MEMO

もちろんその中で最も高い査定額を提示した不動産会社を利用してみるというのも方法の1つですが、あまりにも平均の査定額から提示された額がかけ離れている場合は注意しましょう。

一括無料査定サイトの3つのデメリット

一括無料査定サイトの3つのデメリット

では逆に無料の一括査定サイトを活用するデメリットとして

  • サイトごとに登録している不動産会社が異なる
  • 悪徳業者がいないわけではない
  • 個人情報が複数の不動産会社に伝わる

などが挙げられます。

サイトごとに登録している不動産会社が異なる

先ほど紹介した無料の不動産一括査定サイト以外にも、様々なサイトが存在しますが、基本的にはそれぞれのサイトが提携している不動産会社はそれぞれ異なります。

もちろん不動産会社の中にも複数の一括査定サイトと提携しているところはあるため、エリアによっては複数のサイトでデータを入力してみると、似たような不動産会社が出てくることもあるでしょう。

しかし、同じ条件でデータを登録したとしても、例えばイエウールHOME4Uとでは違った不動産会社が出てくるといったケースも少なくはありません。

やはり提携している不動産会社の数が多いサイトの方が、候補として現れる不動産会社の数も多くなります。

しかし、基本的にはサイトによって査定をお願いできる不動産会社が変わってくる可能性があるということを覚えておきましょう。

MEMO

無料の一括査定でもソニー不動産のような自社でも査定をしてくれる不動産査定サイトもあります。

悪徳業者がいないわけではない

それぞれの一括査定サイトでは、独自に定める基準によって悪質な行為を働く不動産会社を排除しています。

しかし、今まで優良業者だったところがいきなり悪徳業者になるようなケースもあるため、100%安心して媒介契約のできる不動産会社だとは限りません

有名な大手企業は信頼できるはずですが、名前も聞いたことがないような不動産会社を使ってみる場合は、本当に信用できるのかどうかを自身の目で確かめる必要があります。

もちろん、自分でインターネットで探してコンタクトを取ることを考えると、一括査定サイトに登録している不動産会社の方が安心できることには変わりありません。

しかし、絶対に大丈夫な業者だと断定することはできないため、きちんと調べて信頼できると判断できたら契約に移ることをおすすめいたします。

個人情報が複数の不動産会社に伝わる

これは致し方のないことかもしれませんが、最初に査定を依頼する際に登録する情報が、依頼先の不動産会社にまとめて伝わってしまいます。

依頼を受けた不動産会社は、その情報を元にして営業行為をしてくることになります。

査定してほしい不動産の所在地だけではなく

  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号

と言った個人情報がすべて伝わることになるため、いきなり電話がかかってくる可能性も否めません。

できるだけ個人情報を伏せたいという場合は、査定を依頼する不動産会社の数を絞って少なくするのも方法の1つです

また、コンタクトの方法は電話ではなくメールを希望するというようなことを記載しておけば、最初の段階では不動産会社から電話があることはないはずです。

MEMO

数多く査定すれば良いいうわけではありませんので注意しましょう。

不動産一括無料査定サイトを活用する際の3つの注意点

不動産一括無料査定サイトを活用する際の3つの注意点

ご覧いただいたように、無料で利用できる不動産一括査定サイトには、メリットもあればデメリットも存在します。

デメリットもあるため、一括査定サイトを利用する際には気を付けなければならない部分も多いです。

代表的な注意点としては、

  • しつこい営業に動じないようにする
  • 利用できる会社が見つからない場合は他のサイトを使ってみる
  • 明確な意思を持って使う

という点が挙げられます。

しつこい営業に動じないようにする

上述したように、無料の一括査定サイトを利用すると、こちらの連絡先などの情報が査定を依頼した不動産会社にまとめて伝わることになります。

サイトの中には、「事前に電話での連絡をやめてほしい」といったコメントを記載できるようなものも存在します。

その場合、不動産会社は最初のコンタクトにメールという手段を使うことになりますが、その後は電話でのやり取りになることも少なくありません。

やはり返事が遅いメールでゆっくりとやり取りをするよりも、電話で用件をサッと伝えたほうがお互いにとっても楽です。

しかし、それがエスカレートすると、結局「売却活動はどうなったのか?」というような話になり、最終的に「弊社を使ってほしい」といった内容に変わることも多いです。

どの不動産会社も自分たち以外にライバルがいるということがわかっているため、他社にとられないようにと必死になるのです

1社とのやり取りであれば気にならないという方も多いかもしれませんが、1日に複数の会社から同じような内容の電話が来るとうんざりするのではないでしょうか。

中には、その営業に負けて媒介契約を結んでしまうような方もいますが、まだ決めかねている場合はその旨をはっきりと伝えましょう。

強引な営業から仕方なく契約をしてしまうと後悔する可能性が高いので、じっくりと考えてから判断することをおすすめいたします。

利用できる会社が見つからない場合は他のサイトを使ってみる

地方にお住まいの方の中には、一括サイトで適した不動産会社が見つからないこともあります。

中には1,500社以上と提携をしているようなサイトもありますし、全国に対応していると謳っているところも少なくありません。

しかし、やはり提携している不動産会社の多くは都心を中心に活動をしているといった一括査定サイトが多いです。

もちろんそれぞれの土地の中小の不動産会社と提携しているところもありますが、その不動産会社がその土地の全てのエリアをカバーしているとは限りません。

上述したように、不動産一括サイトはサイトごとに提携している不動産会社が異なります。

そのため、1つの不動産一括査定サイトで適した不動産会社が見つからなかったとしても、他の会社で見つかる可能性も十分に考えられます

1つを使って使える不動産会社がないからとあきらめるのではなく、まずは複数の一括サイトを試してみましょう。

しかし、それでも見つからない場合は、ご自身で地元の不動産会社を当たってみるしかありません。

明確な意思を持って使う

不動産一括査定サイトによってその数は異なりますが、一般的なサイトでは同時に6社に査定を依頼することが可能です。

6社も必要ないというような方の中には、3社や4社に絞って査定をお願いするような方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、やはり多くの方はできるだけ多くの会社に査定してもらいたいという考えから、より多くの会社に査定依頼を出します。

当たり前のことですが、査定を依頼した会社は全て違う会社ですので、査定額も違えばコンタクト方法や売却方法も異なります。

そして、上述したようにそれらの会社がそれぞれ営業の電話をかけてくる可能性があります。

そのため、結局どこを利用すればよいのか迷ってしまい混乱してしまうという方も少なくありません。

いざ不動産会社を選ぶ段階で混乱しないように、会社選びの基準や不動産売却のルールを明確にしておくようにしましょう。

例えば、

  • 査定額が3,000万円以下の場合は利用しない
  • 担当者がきちんと話を聞いてくれない会社は査定額が高くても使わない
  • 近所に事務所があって対面で相談できるところがいい

などなど、事前に不動産会社を選ぶ基準をはっきりとさせておけば、選択肢がたくさんあったとしても混乱することはないはずです。

MEMO

査定してもらった不動産会社に相談するのはいいですが、すべてを信用はしないようにしましょう。

無料の不動産一括査定サイトを選ぶ際の3つのポイント

無料の不動産一括査定サイトを選ぶ際の3つのポイント

不動産一括査定サイトにも様々なものが存在するため、いざ使おうと思ったときにどれを利用すればよいのかわからなくなる方も少なくありません。

続いて、不動産一括査定サイトを選ぶ際のポイントを紹介させていただきます。

  • 数字が多い方が良いサイトとは限らない
  • 相談できるかどうかは大きなポイント
  • 利用者数と実際の取引数は異なる

数字が多い方が良いサイトとは限らない

初めて不動産一括査定サイトを利用される方は、

  • 提携している業者数が多いほうが良い
  • 多くの会社に査定依頼できるほうが良い

と考えがちです。

確かに、例えば5社に依頼できるよりも10社に依頼できたほうがよいと一見考えがちですが、関係を持つ業者が多くなればこちらの負担も必ず増えることになります。

同様に、提携している不動産会社数は、やはり多いに越したことはないかもしれませんが、例え会社の数が増えても地域ごとに見ると全くカバーされていないような範囲も存在します。

また、業者数が増えれば増えるほど、サイトとしても管理をするのが難しくなり、必然的に悪徳業者の数が多くなる傾向にあります。

もちろん一括査定サイトの中には、不動産会社をきちんと選別して選んでいるところも多いですが、100%安心できると言い切るのは難しいのです。

始めて利用する方は、とにかく数字が大きい方がすごいと考えがちですが、必ずしもそうとは言えないため、ご自身の状況などを考えて選ぶようにしましょう。

相談できるかどうかは大きなポイント

特に今まで不動産を売却したことがないというような方は、売却に関する知識もないことが多いため、売却の流れコツなど、全てわからないというケースが多いです。

もちろん、実際に利用する不動産会社に色々聞くことは可能ですが、不動産会社の中には自分たちの有利になるように話を進めていくようなところも存在します。

しかし、初めて不動産の売却を行う売却希望者はそれに従うしかなくなりますので、結果的に売却活動に満足できないというような状況になることも考えられます。

例えば不動産一括査定サイトに気軽に電話で相談できるのであれば、不動産会社と別のところに意見を求めることが可能です。

また、不動産会社の方も顧客が一括査定サイトに相談可能だということがわかっているため、例え実際に相談はしないとしても下手なことはできません。

このようなことから、どうせ不動産一括査定サイトを利用するのであれば、カスタマーセンターのような相談窓口を設けているところを選ぶのも1つです。

利用者数と実際の取引数は異なる

不動産一括査定サイトの中には、年間の利用者数が数百万人のような文言を記載しているところも少なくありません。

例えば年間の利用者が500万人と言うのは、いかにも年間でその一括査定サイトを通して500万人が家を売却したというように連想しがちです。

中には、「500万人も売却に成功しているんだから、この一括査定サイトを使えば自分たちも売却できるはずだ」と考えて利用する方もいらっしゃるようです。

しかし、この数値は実際に不動産が売買された数ではなく、そのサイトを利用して査定を行った数などである可能性が高いです。

もちろん、利用者数が500万人と言うのは非常に大きな数ですし、利用者がそれだけいるのであれば、当然売買取引の数もそれに比例して高くなるはずです。

そのため、一概に利用者数と売買取引数に関係がないとは言えません。

このように不動産一括査定サイトには様々な数字が登場しますが、それが正確に何のことを指し示す数字なのかをはっきりさせてから使うようにしましょう。

MEMO

ただ、売却までいかなくても500万人の方が利用しているというだけでもしっかりとしたサイトだという解釈もできます。

無料で使えるおすすめ不動産一括査定サイトランキング

おすすめ不動産一括無料査定サイトランキング

それでは、無料で利用可能な不動産一括査定サイトにはどのようなものがあるのでしょうか。

最近は様々な一括査定サイトが存在しますが、その中でもおすすめできるサイトをランキングにして簡単な情報を紹介させていただきます。

最長の歴史を誇る老舗サイト『HOME4U』

概要
運営会社名 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
サービス歴 2001年開始
提携不動産会社数 1000社

HOME4Uは、不動産一括査定サイトの中でも最長の歴史を誇る老舗サイトの1つになりますが、その分口コミや評判も良いですし信頼性が高いサイトです。

NTTデータグループが母体となって運営されているサイトになるため、初めての方でも安心して利用することができるでしょう。

無料の不動産一括査定サイトの中には、悪徳業者と呼ばれる不動産会社と提携しているようなサイトもありますし、HOME4Uにも絶対に悪徳業者がいないというわけではありません。

しかし、他の査定サイトと比べると悪徳業者が少ないと言われており、実際に顧客満足度も高いため、比較的信頼度が高いと言えます。

HOME4Uで査定するメリット・デメリット。口コミ・評判も徹底調査

超大手企業が提携する『すまいValue』

運営会社名

三井不動産リアルティ株式会社(三井のリハウス)
住友不動産販売株式会社
東急リバブル株式会社
野村不動産アーバンネット株式会社(野村の仲介+)
三菱地所ハウスネット株式会社
小田急不動産株式会社

サービス歴 2016年開始
提携不動産会社数 上記6社

一般的な不動産一括査定サイトは、数百社、または1,000社を超える不動産会社と提携し、その中から最も適した不動産会社を見つけるというものが多いです。

しかし、すまいValueで利用可能な不動産会社は6社のみです。

もちろん少ないと感じる方が多いと思いますが、その6社と言うのは日本の不動産業界を引っ張ってきた超大手企業ばかりです。

全国で830店舗と言う圧倒的な営業所数を誇るため、実際に店舗に出向いて対面で売却の相談をすることもできますし、経験豊富な不動産のプロが味方になってくれるため安心です。

ただし、査定してもらえる不動産会社が6社に限定されるため、地域によっては利用できない場所があるというのがデメリットとなります。

すまいValueの口コミ・評判。メリット・デメリットを徹底検証

顧客満足度97%の『イエイ』

運営会社名  セカイエ株式会社
サービス歴 2007年スタート
提携不動産会社数 1000社以上

イエイは数ある不動産一括査定サイトの中でも、97%という高い顧客満足度を誇る信頼度の高いサイトです。

実際に、独自の厳しい基準を設けて悪徳不動産会社を排除しているため、イエイを通じて悪徳業者を利用してしまうというケースは少ないようです。

もちろん完全にゼロだと言い切ることはできませんが、悪徳業者を減らしつつ地域密着型の小さな不動産会社とも提携しているため、全国のどこにいても利用することが可能です。

また、イエイを利用して売却が成功した場合には最大で10万円の祝い金をもらえたり、実際に利用する不動産会社以外には代行で断りの連絡を入れてくれるなどの独自のサービスも行っています。

こちらも初めての方でも安心して利用できる不動産一括査定サイトの1つです。

イエイの特徴・評判から一括査定するメリット・デメリットを徹底検証

提携している不動産会社の数が最も多い『イエウール』

運営会社名 株式会社Speee 
サービス歴  2014年開始
提携不動産会社数  1600社以上

イエウールは、不動産比較サイトの中では比較的新しいサイトの1つですが、提携している不動産会社の数が最も多い1,600社以上となるため、地方の方でも利用しやすいはずです。

提携する業者数が多いとその分悪徳業者の数も多くなりがちですが、口コミを見るとよい意見が多いため、安心して使うことができるでしょう。

例えば他の一括査定サイトの中には、売却以外にも賃貸投資用物件の購入など、不動産を活用するための様々なサービスが利用できるものもあります。

しかしイエウールは不動産の売却に特化した一括査定サイトになるため、絶対に売却したいと考える方に向いています

イエウールの口コミ・評判まとめ。メリット・デメリットを徹底検証

まとめ

無料の不動産一括査定サイトを利用して危険を感じることと言えば

  • 個人情報が伝わるという点
  • 悪徳業者がいる可能性がある

というくらいでしょう。

やはり無料のサービスには危険が付きまとうとイメージされる方が多いようですが、一括査定サイト自体はきちんと収益を出しているため、売却希望者からお金を取る必要性がありません。

そのため、こちらからすれば一括査定サイトは非常に効率的に不動産会社を見つけることのできる素晴らしいシステムだということができます。

ただし、もちろんメリットばかりではなく多少のデメリットが存在するため、利用する際にはデメリットのことも考えながら慎重に進めていく必要があります。

いずれにしても、ご自身で時間をかけて探すよりは安全ですし、不動産を高く売却できる可能性が高まるため、一度査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。